« シンディ・ローパーはアメリカの、いや世界経済の救世主となるか? | トップページ | 絶対ニュージーランドです! »

WBCの本当の"勝利者"は誰か!

日は、「侍ジャパン」が、宿敵(?)韓国にコールド勝ちし、アメリカでの第2ラウンド進出を決めた。詳細は名古屋の税理士さんのブログを見ていただくとして、1野球ファンとして大変うれしく思う。

今回のチームには特に、前回の優勝国としての大きなプレッシャーがかかっており、その中での勝利には大きな価値がある。原監督を始めとして、選手たちの健闘を称えたい。

第二回となる今回のWBCでは、前回早々と敗退した本家アメリカ(USA)を始め、メジャーリーガーが多数参加するラテン・アメリカの国々が、有力な優勝候補として注目を集めており、予断を許さない。
前回大会と北京オリンピックでは準優勝に終わったが、国際大会がアマチュア中心だった頃からの強豪キューバでさえ、うかうかできないだろう。

ところで、いつもながら気になるのは、"野球"というより "Base Ball" の発祥の地であり、メジャー・リーグという最高峰のプロ・リーグをもつ"王国"アメリカの、WBCへの選手とファン、しいては国民全体の反応である。今までアメリカは、オリンピックなどの国際大会にMLBの選手を派遣することに熱心でなく、最強チームを送り込んで来なかった。それについて、国民からの批判もあまり聞かなかったように思う。
しかし、今回のチームには、ヤンキースの人気者デレック・ジータを始め、メジャー・リーグ・ベースボール「以下(MLB)」のトップクラスの選手が数多く含まれているおり、前回の雪辱を晴らそうとする気合が感じられる。
その一方で、昨年のワールド・シリーズを制したフィリーズの主砲(ホームラン王も取った)が辞退するなど、日本や韓国そしてキューバのような "最強軍団=ベスト・チーム"を作った、 とまではいかないようである。

もっとも、よく考えてみれば、MLBの選手たちは自分の所属するチームで、ベストを尽くすことが契約で求められており、WBCよりも公式戦を優先するのが当然であろう。
ならば、日本のプロ野球選手はどうかといわれそうだが、寒さでコンディションの調整が難しいこの時期に真剣勝負を避けるのは、一流のプロスポーツ選手として当然という発想は、むしろ世界的な常識かもしれない。

私は、優勝の栄光をつかむのがどの国になるにせよ、WBCを通じて最終的に最も大きな利益を得るのは、MLB機構とその構成員たる球団、そしてMLBのファンだと思う。

いうまでもなく、各国代表には、バリバリの現役メジャーリーガーとともに、この大会を機にMLBへ飛躍を狙う若手選手たちが数多く含まれている。前回の日本からは、決勝でキューバを破る原動力となりMVPにも選ばれた松坂や、岩村が、今や堂々たるメジャーリーガーとなった。今回も投手ではダルビッシュがMLB各球団の注目を浴びている。
参加各国のこうした選手たちにとって、WBCは実力を披露する絶好の機会となるだろう。

そしてその有力な選手たちを、国籍や人種や言語に関係なく、ただ実力を評価して受け入れ、吸収して、リーグのレベルアップを図り、球史に残るような熱戦を展開してファンの期待に答えていく底辺の広さを持つMLBとそのファン、もっと普遍的に言えばアメリカ社会全体が、本当の意味での"勝利者"ではないだろうか。

昨年来の金融危機は、経済のグローバル化を改めて認識させたが、野球の世界では、特に移民の国アメリカでは、グローバル化はとうに終わっているようである。

確かに日本は、第1回大会で優勝するという大きな勲章を得た。
しかし同時に、日本のプロ野球ファンは、MLBの選手となった松坂の投球を生(なま)で観戦する機会を失った。同じことは、イチローや松井秀や城島にもあてはまる。
野茂英雄投手がドジャースで活躍するようになって以来、有力選手のMLB流出は続いている。

幸いにも、衛星放送やハイビジョンの発達で、MLBの試合もテレビでは見ることができる。
しかし、国内のプロ野球は、読売ジャイアンツの試合でも視聴率が上がらず、中継も減っているそうである。
今大会で、仮に日本が連覇という偉業をなしとげたら、有力選手のMLB志向は更に強まるだろう。

かつて西武ライオンズにも在籍し、アトランタ五輪で日本と優勝を争った、郭泰源投手などを輩出し、現在もMLBに有力選手が在籍している台湾チームは、MLB組の不参加もあり、中国にも敗退して一次リーグで姿を消した。

日本球界は、この先どうなるのであろうかsign02

|

« シンディ・ローパーはアメリカの、いや世界経済の救世主となるか? | トップページ | 絶対ニュージーランドです! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/513249/44281645

この記事へのトラックバック一覧です: WBCの本当の"勝利者"は誰か!:

« シンディ・ローパーはアメリカの、いや世界経済の救世主となるか? | トップページ | 絶対ニュージーランドです! »